てんかん発作を抑えるカルバマゼピン

てんかん部分発作の治療薬カルバマゼピン

カルバマゼピンは、てんかん治療のための薬で、発作を予防する作用があります。
歴史の長い薬で、てんかんの治療の第1選択とされることが多い薬です。気分安定薬としても使われ、躁病や躁うつ病、神経痛の治療にも広く処方されています。
てんかん発作は、脳内で過剰な電気的興奮が起こった部位やその広がり方によって、部分発作と全般発作に分けられます。
カルバマゼピンは特に部分発作に効果が高いとされています。部分発作の具体的な症状には、けいれんなどの運動機能の障害、小さな虫が飛び回って見えたり、人が話す声が聞こえるなどの視覚や聴覚の異常、頭痛や吐き気などの自律神経の異常や、急に動作が止まってぼーっとした状態になる意識減損、手をたたいたり口をもぐもぐさせるなどの無意味な動作を繰り返す自動症などがあります。
全般発作では、突然意識を失い、体が硬直して倒れてけいれんする間代強直発作には適用しますが、欠神やミオクロニー、脱力には効果がないとされています。
てんかんは病気の性質上、治療は長期間にわたるのが普通です。それに従い、抗てんかん薬であるカルバマゼピンも長い期間飲むことになります。
カルバマゼピンの副作用として多くみられるのは、眠気やめまい、倦怠感、吐き気、口の渇きなどがあります。こうした副作用を避けるため、カルバマゼピンを飲み始める時は、少量から服用を始めて様子をみながら徐々に量を増やしたり、定期的に血中濃度を測定したりします。
服用の際は、医師に指示された飲む量や回数を必ず守ることが大切です。カルバマゼピンは血中濃度を常に保つことが特に重要です。自分だけの判断で増やしたり減らしたりすることは決してせず、都度医師に相談するようにします。